はじめに

予防接種は現代の医学において最もすばらしい発明だといわれています。痘瘡のように予防接種により根絶することのできた病気もあります。

一部の人たちが、病気は予防接種でなく、かかった方が良いといっていますが、それは大きな間違いです。確かに、予防接種による副反応もありますが、それは本当にわずかなものです。病気にかかってその合併症で障害をうける方が、予防接種の副反応により障害を受けるより、数十倍から数百倍多いことがわかっております。現に、アフリカなどでは予防接種をうけることができず多くの子どもたちが命を落としています。

我々は、多くの予防接種を無料でうけることができるのですから、その恩恵にあずかるべきなのです。子どもたちの命を守るために是非、予防接種をうけてください。
万が一予防接種により健康被害を受けた方には救済処置があります。

ご案内

診察時間
予防接種
13:30 – 14:30
診察可 診察可 診察可 診察可
  • 休診日木曜,土曜,日曜・祝日

毎週月〜金曜(木曜を除く)の 13:30 – 14:30 の間で、予防接種のご予約を承ります。
予約なしでも診療時間内でしたら受診できますが、要予約の予防接種もありますのでご注意ください(「定期接種」「任意接種」のページでそれぞれご確認ください。)。

木曜、土曜、日曜・祝日は休診ですのでご注意ください。

予約方法

ご希望の方は受診希望日の前日までに直接お電話ください。
通常の診察の時間帯でも予防接種を行うことは可能ですが、病気の子との接触を避けるため、この時間帯のご予約をおすすめいたします。

ご予約・お問い合わせ電話番号

03-3439-3077
受付時間 9:00 – 18:00

ご予約の際には「当院からのお願い」をご一読ください。

当日お持ちいただくもの

受診当日は次のものをお持ちください。

  • 母子健康手帳
  • 予診票

    区から送られて来た用紙をお持ちの方はご記入してお持ちください。

    任意接種のお子様はダウンロード・印刷して記入してください。印刷できない方は、院内で予診票をお渡しします。

  • 保険証
  • 乳幼児医療証

注意点

予防接種を受ける前の注意

体調の良い日にうけてください。
また、急性疾患の回復期には接種できないことがありますのでご相談ください。

  • 当日は、朝からお子様の状態を観察し、普段と変わったところのないことを確認しましょう。体調が悪いと思ったら、ご相談ください。
  • 受ける予定の予防接種について、市区町村からの通知やパンフレットをよく読んで、必要性や副反応について理解しましょう。
  • 予防接種を受けるお子様の日頃の健康状態を良く知っている保護者が連れて行きましょう。

以下のお子様は予防接種を行うことができません。

  • 明らかな発熱(通常37.5℃以上)を呈しているお子様
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子様
  • その日に受ける予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシーを呈したことが明らかなお子様
  • 予防接種を受けようとする病気にかかったことのあるお子様、または、現在かかっているお子様
  • BCG接種の対象者にあっては、結核その他の疾病の予防接種、外傷等によるケロイドの認められるもの
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

予防接種を受けた後の注意

  • 予防接種をうけた後30分はアナフィラキシーの対応ができるように、医師と直ちに連絡ができるようにしておくことが必要です。
  • 当日は特に安静にする必要はありませんが、水泳、クラブ活動など激しい運動は避けてください。入浴は1時間以上たてば可能ですが、接種部位をごしごしこするのはやめてください。

来院される皆様へ
当院ではお子様だけでの来院はご遠慮いただいております。必ず保護者の方あるいは経過のわかる大人といらっしゃってください。
ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。