インフルエンザ

インフルエンザというウイルスによる感染症で流行性感冒(流感)とも呼ばれます。16世紀に冬に流行し春先に収束するこの病気が星やその他の環境に影響することにより起こるのではないかと考えられ、影響するというインフルエンスから名付けられました。ちなみにインフルエンザ菌、代表的なものとして乳幼児のワクチンで予防されるHibは1800年代にインフルエンザが流行したときに分離された細菌で、その後、このウイルスとは異なることが判明しましたが名前だけが残っているのです。

インフルエンザウイルスについて

インフルエンザにはA、B、Cの3つの種類がありますが、ワクチンに含まれているのはAとBだけです。Cは散発的に発生し、軽度のインフルエンザ様の症状を呈するだけです。A型インフルエンザはHAとNAというタンパク質の種類で分類されています。ヒトではHAは3種類(H1、H2、H3)、NAは2種類(N1、N2)あります。2009年に大流行した新型インフルエンザはH1N1pdmです。現在流行しているのはH1N1とA香港型H3N2であり、Aソ連型はH1N1ですが今後流行する感応性は低いとされています。B型の分類はヴィクトリア株と山形株の2つの分類になっています。2015年から日本でもワクチンにA型2種類とB型2種類の4つの株が含まれるようになりました。ヒトのインフルエンザは毎年突然変異を起こして上述のHAとNAの抗原性が少しずつ変化するため、毎年ワクチンを打たなければなりません。

感染様式
飛沫感染

潜伏期
1〜4日(平均2日)

症状
典型的な症状は突然の発熱に始まり、悪寒、咽頭痛、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状を呈します。一般的には数日で解熱し、その頃から鼻汁、咳などが目立ってきます。解熱しても完全な回復には1〜2週間ほどかかることが多いようです。下痢嘔吐などの消化器症状は少ないと言われています。低年齢では全身症状は軽い傾向があり、急性中耳炎の重要な原因としても知られています。3〜4日で解熱傾向をしまし再び発熱する2峰性の発熱がみられることもあります。ふくらはぎの痛みを訴え歩かなくなるような筋炎も生じることがあり、嘔吐や腹痛などの胃腸症状が強い傾向もあります。

合併症
最も問題になるのは脳炎と肺炎です。

診断
臨床症状、流行などから疑い、迅速検査をして診断をつけるのが一般的です。初期には陽性に出ることは少ないため、発症後12時間以降の検査が良いとされています。最近では発症初期から陽性に出やすい方法もあります。

治療
現在4種類の抗インフルエンザ薬が小児に使用されています。
・オセルタミビル(タミフル):1日2回、5日間服用します。
・ベラミビル(ラピアクタ):1回の点滴静注です。
・ザナミビル(リレンザ):1日2回、5日間吸入します
・ラニナビル(イナビル):1回の吸入です。
オセルタミビル(タミフル)投与後の異常行動が問題となったため10代のインフルエンザ患者でのオセルタミビル(タミフル)の使用は禁止となっています。いずれも発症48時間以内の使用でないと効果を期待できないとされています。
軽症のインフルエンザは治療の必要はありません。アメリカCDCの抗インフルエンザ薬の使用適応を以下に記載します。
・5歳未満の小児(特に2歳未満)
・65歳以上の老人
・喘息を含む慢性肺疾患、心血管疾患(高血圧だけは除く)、腎、肝、血液疾患、糖尿病を含む代謝性疾患、脳性麻痺やてんかん、脳卒中後遺症、知的障害者中等度以上の発達遅滞をもつもの、筋ジストロフィー、脊髄損傷を含む脳、脊髄、末梢神経、筋疾患をもつ者
・薬物や、HIVにより免疫が低下している者
・妊婦、分娩後2週以内の産婦
・18歳以下で長期にアスピリンを服用している者
・アメリカンインディアン/イヌイット
・肥満者(BMI≧40)
・老人ホームやその他ケアを必要とする人たちのための施設の居住者
となっています。
つまり、健康な5歳〜64歳は原則治療が必要ないと言うことです。

予防・ワクチン
日本で現在認可され使用できるワクチンはA型2種類とB型2種類の入った不活化ワクチンだけです。アメリカでは点鼻のよる生ワクチンがあります。詳細は予防接種の中のインフルエンザを参考にして下さい。

登校登園基準
発症した日を0として5日、解熱した日を0として乳幼児では3日、児童。生徒では2日間経過していることの両方を満たしていることが条件です。必ず受診して医師の許可を受けて下さい。以下の表を参考にしてください。

インフルエンザの発熱期間と出席開始日の目安


来院される皆様へ
当院ではお子様だけでの来院はご遠慮いただいております。必ず保護者の方あるいは経過のわかる大人といらっしゃってください。
ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。